「美しき緑の星」

「美しき緑の星」

この映画は制作してすぐ発禁になり、その後、YouTubeに何度UPしても削除され、今ではネット上のどこをさがしてもお目にかかれないという曰くつきの映画です。

この映画の事は昔聞いたことがありましたが、すっかり忘れており、今になって思い出したのですが、それも良い頃合いなのかもしれません。

この映画を中山康直さんがコリーヌ監督と交渉して自主上映で観られるようになったとのことです。

深く考えず、解釈せず、判断入れず、話題の映画としてお楽しみ頂ければと思います。

【作品紹介】

誰もが協調のうちに暮らし、みんなが幸福で互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と共に暮らす世界があったとしたら…そんなの、ありえない?「美しき緑の星」は他に類を見ないフランス映画。メディア経営者らの手によってEU内では事実上の発禁状態にされています。

【あらすじ】

この美しき緑の星では貨幣制度がなく、自分の得意で好きなことをそれぞれがして共存共生し、みんなが平和に豊かに暮らしている。

彼らの惑星では、地球は本当に危険で野蛮な原始的な星なので誰も行きたがらない。
そんななか、主人公の女性宇宙人が名乗りあげます。わたし行ってもいいわよ!

マイナーなチャンネルで深夜に放送されたことが2回ほどあるのを除けば、1996年以来テレビで放映されたことはありません。

ヴァンサン・ランドンやコリーヌ・セローなど有名な俳優が出演しているにもかかわらず、探しても、なかなか見つからないのは、そのためでした。

これは世界中の人々に大きな目覚めを呼び起こす映画です。昔から本当のことを隠しておくのは難しいものですが、ちょうどそんなふうに、みなさんも本当のことを知るに至ったというわけです。
どなたにも楽しんでいただける作品です。

【監督の言葉】

世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーな映画を撮ってみたいと思いました。

それで長い時間をかけて考証を行ったのです。
無駄になったシーンやアイデアを書き留めたノートが何冊にもなりました。
次から次へと疑問が生じたのですが、
そのすべてに答えが得られたわけではありません。

そうして、風にそよぐ木々に見守られながら、台本の執筆に取りかかったのでした。
完成した台本を見た人たちの反応は実にさまざまでした。

このプロジェクトの資金援助には乗り気でない人たちが何人もいるとプロデューサーのアラン・サルドが言います。
「本当にこの映画を撮るつもりですか?」と彼が言うので、私は熱を込めて「もちろんです」と答えました。

かくして映画は封切られたのですが、完全な失敗でした。 誰も興味を示さなかったのです。
客が入らず、批評家からは酷評されました。業界にとって、この作品は理解不能のUFOだったのです。 しかし、この映画は死にませんでした。

こうした逆風にもかかわらず「美しき緑の星」は生き残り、生き物のように成長し話題となったのです。
必要とされているからでした。この映画が世の中に発するメッセージのためだった。 一緒に映画を見て語り合う「美しき緑の星」クラブのサイトが、いくつもネット上に見られるようになりました。

私は早すぎたのでしょうか?

この映画のように価値観を根底から問い直すことで世の中を変えることが必要な、ぎりぎりの瀬戸際まで私たちは来ているのかもしれません。

コリーヌ・セロー監督

 


ということで

日本語字幕版見つけましたのでこちらから飛んでお楽しみください!

⇒ https://vimeo.com/129957744

 

削除される可能性があるそうです、気になりましたらすぐご覧ください♪

 

中山康直さんの解説があったので添付しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です