あなたは予定変更できますか? べきべき人間注意報

「~そうあるべき」で生きていると世知辛くなります。

健康のために栄養補助サプリを飲むべき
毎月のサラリーがこの位だから交際費は抑えるべき
彼に好かれるために私はこうあるべき

生活のなかに埋もれて気付きもしなかった「べきべき体質」探すと沢山あるものです。

「~であるべき」は、時の流れのなかで次第に変化していくものですが

人はその流行に流されまいと努力をしたり

自分らしさをイメージに残そうとして頑張る努力もします

でも、それにしがみついていたら、もしかして「べきべき体質」かもしれません

心地よさは 努力では得られない気がします。

「~であるべき」という理想は 「~でねばならない」という信念を生みます。

「~でねばならない」は、過剰なストイックさをはらんでいる気がしませんか?

まぁ、やってみよう。
まず、これでいってみようか。

こんな言葉が嫌いだったら あなたは「べきべき人間」かもしれません。

100%の完璧はこの世に存在しないように、その不足を埋めるのが人の役割のような気がします

不足は完璧な規律を乱す要素ですが、ですからチャレンジする勇気を生む大事な要素になり得ます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA私達がお参りする神社も、社の柱が8本で成り立つとするなら、わざわざ1本欠いた7本にして均衡を崩し建立する習わしがあるのだそう

これは、私達の現世は不均衡な世なのだよ。という、昔からの教えです。

 

 

不均衡なウツシロ(現世)で 日常茶飯事に起こる予定変更と想定外のパニック。

「~であるべき」「~でねばならい」という強い気持ちは 人をオートマチックに動かし、その基準で評価しあい、自分や人までも責めてしまったり、何もなかったところに問題を高く積み上げてしまう傾向があります、その事に気づいたら、深呼吸して「べきべき体質」をリセットしてみましょう。

 

神社はいつも私達に問いかけています

この世は不均衡です。あなたはどうバランスをとって生きたいですか?

意宣り(いのり)の場所の神社が地域の至る所に点在していて私達は良かったのかもしれませんね

どこでも自分と向き合い新たな宣言ができるような日本の風土と

いつでも頑なさを適度にほぐしてくれる和の精神性が感じられませんか。

柔らかく 柔らかく 心を 意識を 柔軟に

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です