これが私。

天才バカボンのパパなのだの法則」「陰陽・コントラストの世界」のまとめです。※長~いのでメンゴです。


では今回も、いざ。

思ってきたことをドンピシャで言葉にしている人がいるとめちゃくちゃ嬉しくなりませんか?

怒りに震えて、狂ったように毒づく時、威勢の良さとは逆に、心の中はキマりの悪さに「あぁ~っ」と凹んでしまったりするものです。

人の本音がダバダバと漏れる時は、すでに感情タンクが満タンなのだから 「ダダ漏れなら仕方ない。」ぐらいに思う方がいいのです。

それを「漏らさないでください!周りが迷惑します」と、生理現象を止められたらどうでしょう?

テンションがめちゃくちゃになりませんか?

溢れ出ているのに行き場をなくした感情は、無事では済まないワケです。

まず、出来事に心を奪われないでください。

出来事への遣り切れなさ、モヤモヤが残るのなら、事実と感情を切り離してみて下さい。

出来事=事実。 遣り切れなさ=心。

起こってしまったことは変えられません、変えられるのは心だけです。

ここで。みぃ~つ、基本。 最優先すべきは自分の心、自分への許しと労りです。

事実は逃げませんが、心はどこかへ逃避行していきますから、まずは自分が寄り添って下さい。

それがセルフ・ヒーリングです。 ※八つ当たりはモノにしてくださいね人は後が面倒ですから

子供が感情のやり場に困っていたら親がその役割をしてください。

逃げる心を躾しても、痛がるか、窮屈がるか、ブッ千切られるか、ですから正しさは響きませんので、ただ聞いてあげる、ホッとさせてあげるのが大事なのです。

そして、無責任に聞こえるかもしれないけれど

その怒りさえも、あなたのせいではありません。


あなたの感情は、意思でコントロールできるものではありません。

感情はコントロールが効くように思えても、理性には限度があります。

何か引き金になる言葉や行動を見聞きして、動揺させる感情は

心臓が動き、呼吸をするのと全く同じ、自然に湧いてくるものです

人が止めようと思って止められる、コントロール出来るものではありません。

そして、その感情を体裁よく思考を使って整えれば、たちまち二極に分離するでしょう。

前回「陰陽・コントラストの世界」でエネルギーに少し触れましたが

陰と陽は、男女、善悪、成敗、前後、左右と2つがひとつの形をなして、互いに協力しあう性質にあります。

それは、あなたに悪が浮かべば、必然的に善もどこかに生まれています。

いわば、プラスとマイナスが引き合う電子構造と一緒。

湧いてくる感情もコントロール不可能、考えが湧いて止まらない思考の働きもコントロール不可能

動いているものすべてが、その意思で動いていない。すべてはエネルギーのなせる業です。


活火山から流れるマグマを見て、触れたらどんな感触か妄想を膨らませたり、
流れを堰止められないかな?と馬鹿げた妄想をしたことはないですか?

馬鹿な考えだとわかっていながら妄想は止められない、これ、天意のホットラインからきた情報のダウンロードなのです。

あなたが、あなたの思考に馬鹿げていると、自分自身の会話していることに気づきませんか?

あなたは、内側に湧くアイディアを「馬鹿げてる」と否定しているのです。

本当に馬鹿げている。そうなのでしょうか?

では、壮大な自然に妄想を膨らますことは自由なのに、興味ある人への妄想は手前勝手に口にしてはいけないような不自由を感じませんか?

妄想は妄想です。妄想は自由なのに制限を掛けているのは誰でしょう?

天意・ZEROからダウンロードされる情報は妄想の段階では、まだ柔らかさの残るものですが

形する意識の働きで、できっこない、無意味、それダメ、あれダメと意思に硬さが出来てしまうのす

ZEROから情報はダウンロードされ、空間に放たれ漂う性質のもの、人はその情報の一つを掴み、見たい感情が湧き、妄想や想像が湧き、その結果を知りたがるのです。


他人の評価を顔で笑って、心で泣くことも成長の証、怒り悲しむ心をねじ伏せてナンボの社会です

その不満がリベンジを誓わせてしまう、頑張り屋の方はリベンジの法則を普通に使いこなしています。

比較しモヤモヤと許せない気持ちが湧いて来たら

アタシは五郎丸選手のルーティーンにならってバランスをとる催眠ワードを口にします

「(それもこれも)うん、いんじゃない~」で気持ちをホッとさせることにしています。

陰と陽、二つは協力し合い一つの形で人の心の中に存在しています。

存在はしているけれど、私達人間に感情をコントロールすることは不可能。

マグマを止めることも、触ることも出来ない、感情と自然現象は一緒なのですから

自力を使おうとしていることに気づいたら、心の中の陰陽を照らし合わて欲しいのです

それが子供には難しいので、大人がそういうヒントを出して力を貸してあげて欲しいと思うのです。

締めくくりは「自分がそう決めたんだったら、運、いん(陰)ぢゃない」

子供は創造と現実の狭間でいつも心が緊張しています。

ですから、経験者の親がホッと緩ませる方向へ向かせて欲しいのです。(模範解答のような善悪では響きませんからね^^;)


偏りに、中庸=バランスするように陰陽一体に目を向けさせる。

相手を責める、そんな自分も許す

自分で自分のご機嫌を取って瞬間瞬間の心のもつれをスッキリさせて下さい。

人間はエネルギーであり、エネルギーはコントロール不可能である事実。

また、エネルギーが心体を動かしていて、私が動かしているのではない事実を直視できれば

自分を顧みて「いい人」になろうとすることが無意味だとわかるはずです。

本気で自分を受け入れられれば、人を本気で好きになることも、本気で嫌いになることも、気が軽くなり、自分に嘘がつけなくなります

それが、天意の思うままに任せる、その先に見えるのは運を味方につけた自分です

あなたが出来ることは「受け入れる」ことしか出来ないと悟ること。

相手を受け入れるより前に、まず自分を受け入れて下さい。

先に相手を受け入れてしまえば、負けたような気分になるかもしれませんが、そこが問題ではないのです

人知及ばない摂理の領域を、人が意思で解決できると勘違いするから受け入れる事が難しく感じられるのです

人知しれない「感情」エネルギーは底なしの力を発揮します。

だから、隠すことなどできないし、傷つけることも、辱めることも、大好きになることも瞬間でパシッと切り替われる、とても凄い!凄い!凄い!ハッキリとしたエネルギーなのです。

どんなことでも感じることは止まらない、止めてはいけない。

あなたがあなた自身を傷つけたり、
誰かに傷つけられるような出来事に遭遇したら、こう思ってください。

私以外に、私を傷をつけられる存在はいない。
私のドラマを見て力をもらったと自慢し、 誇りに思っている人達がちゃんといる。
ドラマのプロデューサーの私自身なのだから。

それは必要な時に起こる、親である時、子供である時、友である時
私はその誰かの誇り。忘れてはいけない私のストーリーのひとつだ。

困難を乗り越えると、人は強く美しく輝くというけれど

それは、やっぱりアナタのドラマで起こる奇跡の瞬間で、起こすものではないのです。

本音の光は、地位や名誉やお金といったステイタス・アクセサリーの光とは違います

世の中は国や人種というアクセサリーの光を知りたがりますが、

ここで、
よ~っつ、基本。 エネルギーは純粋で無色透明、混じりっ気なし。

「ここにアタシがいるよ!」という佇まいでいることだけが光放つ大事な条件なのです。

それがエナジー、人に合わせなくても「This is me-これが私」ALL OK!と心底、許せたら

その大きな許容の渦に、自然に周りが集まり、共鳴は起こります。

人の偏見や差別は制限の中でおこりますが、突き動かすエネルギーは無限。

恐い感情も、跳ね返す力も無限のエネルギーから生まれてきます

あなた自身もエネルギーに違いはないのですから、あなたはあなたの中にすべて持っています。

ゾクゾクの感情を、先の笑顔に変えましょ!

人はそんなドラマが大好きで完成させたい生き物なのですから ♪  ※人目線でいうとの話ですが。

合言葉は「運・いんぢゃない♪」でALL OK!^^

 

《オマケ》
思ってきたことをドンピシャで表現している人を見かけるとめちゃくちゃ嬉しくなる。
アタシのテンションをあげたい時や自分の機嫌を取るときに見る動画。

勇気が湧いてエネルギーがみなぎる♪ これが天意と人のホットライン・マジック^^
何かを探しに行かなくても、感動が心を勇気づけ、エナジーが現実を突き動かすことが掴めるよ♪

ヒューも感動した歌は 0:57~

波動の法則セミナーのご案内

主宰者FUJIKO.のインフルのため延期になっておりました
「基本のキ。鉄板・波動の法則ライブセミナー」開催

日時  3月24日(土)午後7:00~
場所  Spirit laboratory 0.
会費  ¥3,000 感動したらもっと頂戴の投げ銭ライブ♪

参加〆切、3月17日(土)まで、ご予約フォームかメールにてお願いします。

お悩みや質問を受け付けて具体的に進めるライブセッション&プチセミナーになります。
質問がある方は当日集めますので、メモしてお持ちください。

待ってま~す^^♪ by FUJIKO.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です