そこから観えるものは

l201207091600

 

熊本の地震、心からお見舞い申し上げます。

 

11053221_676137169189951_4315975460803380170_n(今日はココロ声そのままで・・・)

地震については、すでに巨大断層「中央構造線」が動き出したと騒がれており

昨夜、すんごい風がビュウビュウ騒いでた。

こんなとき自然に人は手出しができない・・・

太古より人と自然が共存する意味には 「自然の脅威」があった。 でもね忘れないでおこう

人も自然を癒せる存在でこの星にいることを・・・。

 

4月15日は一粒万倍の日。

文字通り、一粒で何万倍にも返ってくるという恵みを貰える種まきの日ということで

何かをスタートさせるには最良な日だそう

2016年の4月はこの一粒万倍の日が2回もある珍しい月なんだけど

現実ではこういうことがスタートしてしまったのか・・・と思ったり

では、意識ではどういうことがスタートしているのか・・・と考えたり

2016年夏までには(災害とは限らないみたいだけど)大きな何かが起きるようだ・・・

それは瞬発的なものか、断続的なものかははっきりしないけれど

大きなショックとなる、そんな、そんな、そんな感じ

 

で、一人ひとりの想いを見直すスタートの日にしてくれればと隙間時間にUP

 

怒りではなく、悲しみではなく、虚しさでもなく

それでも今を生きていく この当たり前を自覚してこう

未来をみて悲観的にならず 過去を振り返って後悔することもなく

背筋を伸ばして、でも、気負わず

今を淡々と やれることだけやっていこう ・・・ それでいい

 

現実へ悔しさ虚しさ辛さを抱えて叫んでいる人達が

人智超えたものを目の当たりにして やりきれない気持ちが残っても

そんな人こそ 目の前にいる人への慈愛が湧いて共に笑い合える魂だと

過去の震災で そう感じた。

それはその人の魂の意識の高さ広さ深さであって

その魂に突き動かされるように起きてくる想いが

人へ会い( 愛)に行く 人に向き合う行動に繋がったとき

その心に触れた人も、また人へと 普段では有難い そんな大事な行動の連鎖が始まる

同情や慰めのない 自立したエネルギーって後を濁さないそんなカラッとした感じだと思う

 

淡々とやれることをやる 自分発進で出来ると 一人ひとり自覚したらどうだろう

 

災害っていう事件は 個人感情を炙り出す側面もあるけど

嘆きの最中でも 何か誰かに有難うと必ず言っている自分に気づいてね

その血の通った人肌に、とてつもない熱をもった人の氣に触れてね

事には表裏があって、極限の極みで表裏一体の本質が垣間見れる自分を発見してね

 

今日 何を始めよう・・・ 心通わせる皆さんに初めの一歩が万倍の恵みになりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です