サイキックについて

一般にサイキック能力と聞くと、「特異なスペック」だと思う人がほとんどです。

本当は忘れているだけで、鍛えることで取り戻すことができます。

その種類には、チャネリング、透視、エンパス、テレパシー・・・など様々ありますが、いわゆる、サイキック能力を一言でいうと、空気を読む力のことです。

東洋では昔から空気を読むことに長けており、例えば「今日、元気がいいな。」という元気も、エネルギーを指した言葉ですし、「色即是空」にある空とは、ここで語る ZEROのヴィジョン、まさに全体性のことを表しています。

つまり、空気を読む力は、全体のエネルギーを読む力のことを言います。

行間や空気を読むことの上手な日本人は、洞察力と観察力が高い民族ですが、その能力を鍛えることで、人のことも、植物・鉱物のことも、異次元のことも、あらゆるエネルギーへの繋がりが実感できます。

でも、日常に流されて生活しているとなかなか気づけなかったり、いざトレーニングを始めても、それを扱う自分自身と向き合うことが必然的に起こってくるものです。

自分と向き合うのを避けて自分のルール(=カルマ・思い込み)をそのままにしてしまっては、チャネリングを自分の好みの情報に捻じ曲げて伝えてしまったり、人を良いようにコントロールして利用するケースも見受けられ、その自覚は様々です。

才能をエゴのために使えば、自分ルール(=カルマ)が根強くなることも当然あるのがエネルギーのあり方です。

サイキック能力は、自身を知っていくうえで自然に身についていきます。

エネルギーの在り方を意識していれば自然にシンクロが多くなり、エンパス、チャネリング、テレパシーなども日常的に起こってきます。

いずれ、その能力は今は超能力であっても、近いうち誰にもある常能力になります。

サイキックパワーを得ることを目標にするのも自由ですが、その選択と進む過程は必然的に自分自身と向き合う道に繋がっていることを知っておいてください。

その過程で起こる出来事と自分ルールが擦れ合ったり、ぶつかったりすることで、それは宇宙のビックバンのように個人のエナジーが熱を持ち、意識が拡大され、生きる力、ハートの強さなどを生み出します。

サイキックパワーは誰にもあり特別なものではありません、あなたの人間性を養うためのアイティムとして考えてみて下さい。