シンデレラ

「シンデレラ」お馴染みですね^^

あらすじはこう。

継母にイジメられていた少女が魔法使いの力により王子と出会う。
が、急いで帰った為、ガラスの靴を落とすも届けてもらい
めでたく王子と結婚

物語はめでたし、めでたしです。

「現実はそうじゃないよねぇ~。」と、ため息が聞こえてきそうですが

ため息は、今に不満足なときにつく心の反応、、、

シンデレラに魔法をかけたのは
シンデレラ自身です。

仮に魔法使いが表れて舞踏会へ行く全てを整えてくれたとして

シンデレラにパーティーに行く勇気や意志がなければ

この話は、ハッピーエンドになりませんでした。

この三次元はエナジーが現象化する世界です。

意志の力=欲も生命を支えるひとつの力です。

LIFEにおけるエネルギーは使い熟してナンボです。

さて、昨夜ですが

ベットに入ると「今日もクタクタ疲れたよ~」と思考は言い

その瞬間、フッと湧いてきたのです・・・

「疲れることを悪にしてない?」

決まって、核心をつく何か湧いてくると私は

口が無意識に上がってニヤッとしてしまうクセがあります

時と場所に関わらず、突然、夜中にニヤリとすれば

他人様にはさぞかし、ゾッとする光景だと思います^^;

話を戻して、そのとき感じました

クタクタって、私を空っぽにしたってことよね

でも、一日を使い切らずに「疲れる」ことを恐れて

力の出し惜しみしている人が周りにいませんか?

私もそうですが、私の周りの人は「疲れる」ことを理由に

止めたり投げ出したりして中途半端にすることも少なくありません。

それが悪い。と言っているのではなく

勇気や意志の持ち方を
人はそうやって忘れていく気がしたのです。

シンデレラも、継母に一日中こき使われてクタクタだったはず・・・

でも、「舞踏会へ行きたい」という意志と言葉と行動が噛み合ったとき

その一念が、疲れを上回る生き生きとした原動力を生み出したわけです。

エネルギーの注ぎ方は「何をしたいか」でも疲労度合いが違います

「やらされている」と思うと人は疲れる。

そこにシンデレラのような、今をおもう心=念がなければ

現実は前にも後にも動かず、今を生み出す気力さえ奪ってしまいます。

時間と空間が広がっている今にフォーカスして

したいことに集中する空間を整えよう。

それにはシンプルで簡単なことから始めることが大事です。

とりあえず、私が今したいこと
・・・インスタントラーメンがめっちゃ食べたい^^

太るとか体に悪いとか継母に見つかるとエライ目に合う

というegoブロックはさて置き、それでもしたいこと

気づきの感覚と想像の恐れを無いものにしているのは

自分自身だということに気づいていきましょう。

まずは、身近なことから徐々に^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です