一瞬一瞬が違う自分です。

TENNIS - ATP, US Open 2012錦織圭選手の躍進が続きますね。

本当に素晴らしい進化(神化)を遂げている方をみると見ているこちらも力が湧いてきます。

全米トップ10の選手に6勝1敗、先日勝利したマリー選手に錦織選手は試合後こう言っています。

「まだ勝っていない相手なので、苦手意識はあった」すぐにこう続けた。「今年は違う選手になったと、自分で思いこんでやっていました」

この言葉にスピリチャルライフなど実践していない錦織選手がいかに本質を突いた生き方をしているのか驚きましたが、すぐ、というか当然なのかもしれないと感じました。

イメージトレーニングの効果と表面上取られがちですし、また、錦織選手は「今年は」と限定してはいますが、肉体を含むオーラ・フォトンの迸り(ほとばしり)は、正に、一瞬一瞬が違う自分であり、パラパラ漫画のように一枚一枚描かなければ動きださない様に、私達も一瞬一瞬が思考・感情・精神を含め全く違う印刷物なのです。

それと同時に、もう一つ理解して欲しいことは、私達が考えている時間は一直線で現在過去未来があるのではないということ。これは、本当に違います。

この事を理解していないと過去も未来も変わらない、そしてこれまで、変えられないものとしてマインドコントロールされてきました。

マインドコントロールが悪いのではなく、固定概念に縛られていては生き方が定まってしまって、とたんと生きづらくなるのです。

時間はパラレルに存在し、過去も未来も変えられます。

そのことを錦織選手はテニスという道(TAO)で極めて実践している。自分の人生で体感しているということが流石だと思ったワケです。

20110124_2034243そう思うだけで、自分のクセを払拭していくことがパターン化した人生を打破する新しい生き方であり、現実世界では足元のぐらつきに、不安になってしまう気がするほとんどの方々には、これまでの思考・頭を解除すること、自信・拠り所を全て一旦解除することが、神化した本来の「新・スピリチャルライフ」になるものと思われます。

この神化したスピリチャル・ライフは、これから私が実践し、皆様も実践する、まだ道もない、パターンをなくした未知のリアル意識をつくる道となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です