今日は冬至

120501今日は冬至です。

1年で太陽が出ている時間が最も短い日で、寒い東北の冬は日照時間も短く、また雲がかかる日が多いので太陽が恋しくなるものですね。

以前から、napierと御縁を繋いでくださっている方々に申し上げていたことですが、23日までに「新たな・I am」過去に囚われない新しい私でどう生きたいかを意識して下さい。と申し上げておりました。

「どうして、23日なのですか?」と言われると、説明をするには様々な角度からお話し出来るのですが、日本が陰暦(月の満ち欠け=太陽太陰暦)いわゆる旧暦から太陽暦(=グレゴリオ暦)になったのは明治6年元旦からです、文明開化の足音に時代と文化は大きく様変わりしました。

時代背景もありますが、時代の流れは生ものですので、うねりながら、新たな扉を開けることになります。KS002_kaikameisyou2

今の世界情勢と同じで、時代の分かれ目には人の意識が歴史に反映されドラマチックな展開があるものです。

太陽暦は太陽系の惑星である地球と、宇宙の配列の影響を禊(みそぎ)という神事で古くから役割を担ってきた日本と日本皇室の行事ひとつみても、世界のひな形と言われる日本が地球全体を信仰という名のもとに大きく支えてきたわけです。

その地球の日照時間が一番少ない日の冬至は、月でいうところの新月に当たります。

0523_1月の満ち欠けは地球の自然と引き合い、満月の時期に合わせて畑の土も海の波も隆起したり、生命であれば、オオカミ男に変身する(氣が高まる)といった俗説から、交通事故が多発するなどの数値データもあり、宇宙のリズムそのものが地球全体に影響を及ぼしています。

地球生命体は太陽で光合成をし成長繁栄するものですから、日照時間の少ない冬至が、人にとっての夜明け前の意識の切り替わりを創り出すリズム「種まき」のタイミングであることがお分かり頂けると思います。


今から10年ほど前、ひとりの師から「2015年には、ひとつの時代が幕を降ろし社会はある種の崩壊を余儀なくされる、続く時代には新たな宗教が出てくる一方で、同じく軍事国家も出てくるであろう」という話を聞いておりました。

恐らく、これが今のISであったり、現存する宗教の裏の側面が暴露され始めたことと繋がりがあると考えます。

1303513f現在のキリスト教は聖書の教えを尊く教えてきましたが、その内情は戒律から逸脱するような、児童虐待等これまで伏せられてきた不都合がメディアに取り上げられるようになってきました、これも時の流れで形式が保たれない、保つことなどできない流れだと感じます。

キリスト教をはじめとする世界各国の様々な宗教は「戒め」である限り、衰退していくでしょう。

そこへ、武力で新たな力を世界へ誇示する「テロ」が出てきました。戒めで人を罰してきたのですから、弱い心を隠すには強い鎧が必要だと思い込むのは当然です

人は、倒れない強さを安心と履き違え、経典(マニュアル)でコントロールされ続けたのですから、それらの方々が組織を造り、我こそが正しいと声を上げるのは当然の成り行きだと感じます。4fe0a5d3

しかし、一人ひとりが助けてと「泣くこともできない文明」は滅ぶでしょう。その崩壊によって、また新たな時代が生まれるのであれば委ねるしかありません。でも、そこにカルマを残さないようにしないといけない気がします。

泣けないのは刺激社会による麻痺です「笑う事が身体には良く、泣くことは重く女々しい」というイメージが特に男社会に根付いているからかもしれません、それだけに、男性性の強さ・堅さ・不動のカルマは相当なものだと感じます。

泣くという行為は、弱い人だけの特権ではありませんし、強さゆえに泣くことが出来ない方も沢山おいでです。(その逆に、本当は強いのに、保身の為、泣く術を巧みに使う方も多くなりました。)

泣くことは「私が私に還る」誰にでも許されている安心を確かめられる行為でもあります。 ひとり泣きに誰も文句は言いませんし、できるなら、そんな貴方に寄り添って見守ってくれる方の傍で涙を流すことは心をもっと軽くするでしょう。

lgf01a201403091300しかし、自分よりも人に分かって欲しいという気持ちが全面に出て、我が身可愛さ(被害妄想)で他人を口撃・攻撃する人が目の前にいたなら、あなたはその方の顏をジッと観て観て下さい。

言い訳や弁解も力説すればするほど独裁的になり、感情に乗っ取られ、その話の間ずっとその方の顏は強張り続けます、その形相は観ているあなたからも笑顔を奪って行きますし、鏡を見せられたら恐らくその顔にご本人がハッとするでしょう。

文句を言っているその顔が、一番笑えない顔なのだとは分からないからです。

世の中が深刻に真面目ぶり、痛いほど真剣になればなるほど、緊張は高まり、鎧を着て備え、泣くよりも戦えというでしょう。 規模の大小問わず「反デモ」も善きことのようですが同じ波動なのです。


touji_004どうぞ、今日は「新たな・I am」に気づき、その思いを新たな一歩に出来る様に、ご自分の深い嫌な部分も他ならぬ貴方が観てあげて下さい。

そして、その闇こそあなたが泣いて助けてもらいたかったことなのだと知り、愛すべきネガティブだと許してあげてください。

気づいてホッと泣けたり安心できたなら、すでに心の変容が起き、気づかれた方から集合意識は融合増幅され、そうして地球の波動をグンと上げることになるのです。

銀河新年は始まっています。一人ひとりの力は決して非力でも微力でもありません、これからは当たり前にそう感じられるような時代に突入していきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です