創造の羽根を大きく広げよう。

まずは、この動画をご覧ください。

師から「常識を外してください。」と言われた事があります。

「外せ」と言われたのに、空想を膨らまして、大真面目に見当違いをしては大汗をかいたりしました。

紹介した動画を見た時、そういえばこんなことを「子供の時に妄想したなぁ(笑)」と思い出して、可笑しくなったので知人に見せると

一人は「プールの端までの長さと人数ピッタリがオカシイ!(爆)」

一人は「土台の人もスゴイけど、てっぺんの人あの高さだと強烈な腹打ちで痛いよね!(爆)」

それぞれが大笑いしてしまいました。

けれど痛烈に感じたのです、今の「笑い」も比較対象がなければ笑えない、常識の檻の中にいるから笑えるのだと。

・1コースに何人もエントリーは反則。
・一人で何人も担げるはずがない。
・プールと人の長さがぴったり合うなんて。
・腹打ちの痛みは半端ない。
・プールに深さがなければてっぺんの人はケガをする。

常識や価値観や観念を物差しに想定の上をいく驚きが起きると人の感情を動かせます。

動画を見たおそらく大半の方は、この常識破りに口元が緩んだはず、想定外が起こると人は思考が止まり感情がうねるのです。

 


妄想や創造に制限はありません。

妄想で笑える楽しさを現実化できるように想像を膨らませ、私達は常識と知識を総動員してより良いものを作り上げることで、文明や人類は発展、進化してきました。

文明の発展は凌ぎを削り、飽くなき探求・追究の精神は、進化の過程で骨身に染みて「習慣」「クセ」になって現在の私達に引き継がれています。

その反面、「良い」は比較することを常とするため、「競争」も生まれました。

middle_1220896287「競争意識」が世間に根付いているため、たとえ子供が創造したことを友達同士で話しても「出来っこない」「考えが古い」「距離が」「時間が」「お金が」「将来が」とまで大人顔負けの言葉で否定されることも少なくありません。

なんだかがっかりして、親にその話をすると「そんなバカなこと言ってないで・・・」とダメ出しまでされて余計がっかり・・・なんてことも。

否定され、比較され、馬鹿にされ、ダメ出しされる。実は、これが創造性を削ぐように撒き散らした「恥じる」という「常識トラップ」です。

この常識トラップは、真の底から生まれ出る純粋なアイディアを、カタチになる前に創造の産物で留まらせておくように、時に他者の、時に自らの否定的な感情で現実化に歯止めをかけます。

利益追求と純粋な想いを天秤にかけては利益を取り、それが当たり前の社会になると、人は真の底から生まれ出たアイディアを、カタチになる前にすぐ無かったかのように振る舞うことが上手になりました。

現代人は、子供を含め本当に頭がガチガチになっています、もっと阿呆(あほ)になるくらいで調度いい!

「常識トラップ」を拡散し蓄積させたのは他ならぬ私達人間なのですが、なぜこんなに厄介な常識が染み込んだのかというと「恐怖」の布教活動が時代背景にあったからです。

宗教などによくみる懺悔「人は罪深い」といえば、「神に祈りなさい」と神を外に造り、自分よりも神を上にしては、神が見ている、御天とさんが見ていると、「他人様から見た自分」を基準にするようになり、常に人に基準を聞かなければ安心できない「戒め」の意識が根付いていきました。

「外から見た目線」はズバリ真理なのですが(※その話はまた今度)、残念なことに「戒め」をくっつけてしまっては基準が怖くて挑戦する意識は萎えるものです。

「罪と罰」は統治しやすいから設けたルール、創造性を制限するものではありません。

創造性にも制限をかけるようになってしまったのは、有史以来の「奴隷制」のなごり、「宗教裁判」のような弾圧、「戦争」による残虐なビジョンなど、過去世での生き残りをかけた恐怖が残留思念となって未だに浮遊して反応したり、個人のDNAにその記憶が残っていると、アレルギー反応となって身体に不調をきたす場合があります。

lgf01a201412221900しかし、今は今です。今を見る訓練をしていただきたい。

身体に出たサインは過去からのものであり、不自由した思考で今を生きるなというサインそれだけです。

考え過ぎる傾向が強ければグダグダ考えず、まず今を生きて下さい。(※忘れなさいということではありません)

私達は、創造の羽根を自由に広げてもいいように個として生まれました。

誰よりも現実を想像通り加速させたいと思うのであれば、常識や固定観念を外した自分になることです。

カタチはどうあれ、やりたいことはやれるのです。
出来ない理由を探さない、出来ない理由を超えてチャレンジする習慣・クセを身につければ、現実創造は意図も簡単に加速し始めます。

なぜなら本来、人はみな想いを現実に変容させる錬金術師なのですから。

信じられないですか? でもこれが、統一側にとって奴隷層に隠しておきたい最大の秘密なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です