宇宙意識ってどういう意識ですか?

gf01a201310151000霊的探求者であることと、人格者はイコールではありません。
また語弊はありますが、霊的探求をするうえで意識段階の違いはあります。

人間界・・・目に観えるもの物質界を基本とした生き方
人間界+霊界・・・目に観えぬエネルギーや輪廻転生を理解する生き方
人間界+霊界も無垢な宇宙に内包されいてる宇宙界・・・ただ在るだけの生き方

言い換えると
3次元物質世界の場合、自分の幸せのために人と関わる
3・4次元感情・霊界の場合、他人を幸せにすることで自分も幸せを感じられる
5次元の宇宙界の場合、内から湧いてくる発動をあるがまま受け止め幸せを感じられる

4次元世界を理解される方が増えましたが、4次元世界とは感情世界で地球にしかありませんし、幽霊は貴方の意識が創り出す現象とも言えます。 そして、5次元意識ですが、理解となると少し難しいでしょうか? 理解して頂く言葉を探していたら、有りました。

エベレスト初登頂を果たしたと言われているジョージ・マロリーの「なぜエベレストを目指すのですか?」という問に答えた”Because it is there.”(そこにそれがあるから) 日本語訳では「そこに山があるから。」
どうでしょう? おそらく一瞬、ポカンとして詳しく聞き返したくなるような答えではないでしょうか。

そうした方々は、望んでいた答えではなかったことに、その意味を聞き返したくなるかもしれませんが、ジョージ・マロリーの答えは理屈抜きで概念などありません。 ですから、シンプルゆえに言葉の意味をそれぞれの意識段階で自由に解釈するでき、それゆえ誤解も生じます。

私も、この意識段階のカラクリに気づかず、霊的探求者の方々の意図を捉え切れずに混乱したことがあります。 当時は、多次元の側面から捉えられず、様々な体験をしてこのカラクリを知り、寛容に物事を観られる様になりました。

多次元の認識を知らずにいる時はやもすると、人は好みや主観・主義主張を好きに展開しますが、それは意識の拡大(多次元感覚)の前には必ず混乱が起こると知っておいて下さい。 そして、その先には個人も他人もない360°上下前後左右、多次元が広がる宇宙意識があり、いつも貴方はその中にいたのだと理解できるでしょう。

napierは『あるがまま』を大切にしています、それぞれの体験にヘタな意味づけは無意味。 意識段階を早めることは一足飛には出来ませんが、この世に失敗など存在しないのですから、本能の感覚がうずいたら、言葉で理解して、どんどん、果敢に挑戦し概念のない歓びある人生を楽しんでもらえたらと思います。 もちろん、貴方の居たい所に留まるのも貴方の自由で在りです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です