年寄りをケナしていい人ぶる青年の主張問題

あるTwitterユーザーさんが投げかけた投稿が話題の記事として紹介されていたので読んでみた。

アタシはマスコミがこれら活字を、多くのつぶやきの中から拾って、
人の気持ちをわざわざ掻き乱すやり口に「ウマイナー。チッ」といつも思うのだが

みなさんは気づいていらっしゃるかな?

□■□■以下記事転載□■□■

一歳になる息子さんと出かけた時の話。

投稿者さんである母親が少し目を離していた時に、
ある高齢者の方が息子に一片の「どら焼き」を食べさせてしまい
その後、何が起こったか想像つきますか?
無知ということが、いかに恐ろしいことかというエピソードです!


《Twitterユーザーさんが投げかけた投稿》
本日、母親から見えないところで一歳の息子に
どらやきを一欠片食べさせた70歳ほどの見知らぬ高齢者の方へ。
卵アレルギーの息子はそれから2度噴水のように嘔吐し、
今もかゆみと下痢に悩まされております。
何卒、アレルギーは簡単に子供を殺せることをご理解ください・・・。


お大事になさってください……アレルギーもさることながら、
一歳の子供に親の了承なしに食べ物を与える大人の存在が信じられない……


初めまして。息子さん大丈夫でしょうか?
うちの息子も1歳で卵アレ持ちです。
姑が理解ない人で
「検査しなかったら、この子はアレルギーって診断されなかった」と文句言う次第です。
年寄りの無差別テロは本当に恐いですね。
自分の子のようで胸が苦しいです。早く快方しますよう願ってます。


それもう通り魔みたいなもんじゃないか……どうぞお大事に……


老人からしたらはとにエサをあげているようなものなんだろうなぁ、、、
アレルギーへの理解が広まることを切に願うばかりですね。
どちらが悪いと言ってられる方は、
ツイ主さんが『私とあの人、どっちがわるいですか!?』
とか言ってる訳じゃないので場違かと?


では、今回もいざ。

この内容から、事実だけを取り上げてみる。

母親が目を離していた時に、
見知らぬ高齢者が卵アレルギーの息子に「どら焼き」を食べさせ
それを食べた息子は、二度の嘔吐とかゆみと下痢になった。

(ドライだが)以上。

まずもって
親御様の御心痛お察しいたします。
お子様は大変お気の毒でした。
快方に向かうことをお祈り致しております。

そして、このTwitterユーザーのつぶやきを記事にしたマスコミは、
卵アレルギーに対する理解が広まれば・・・という願いを
無知ということが、いかに恐ろしいことか~ と〆周りの声を載せている。

いっそ、

知らないでは済まされない、責任が問われる時代だから恐ろしいよ。

誰にも起こりうる無知が「責任」問題に発展するといえば、フォロワーもひるんだかもしれない

見知らぬ高齢者は、もちろん「殺す」気などなく、その愛くるしさに喜びが湧いたのだろうが
こういった事態になった以上、当事者同士で責任を問い正すことは仕方ないことだ。としても

当事者ではない周りが無意識に恐ろしい=責任問題に敏感に反応したフォロワーは容赦がない

高齢者=信じられない
高齢者=無差別テロ
高齢者=通り魔
高齢者=エサをまく

高齢者の実態はそうでしょうか? 事実ですか? 違いますよね。

なのに、誰でしょう? 高齢者をここまで問題にし、貶めたのは???

今度は、容赦ない言葉を投げた人達がやり玉になる、このループ。

親は犯人を捜せと言っているのではないし、懲らしめてと言っているわけでもない。

記事を書いた記者は、みなさんに広く周知徹底して頂きたいと思っていながら
無知=恐ろしいと責任のニュアンスをチラつかせて対立感情を引っ張り出そうとしている。

でも、多数決の輪が広がれば広がるほど、その責任を追及されるのは

見知らぬ高齢者だけでは済まなくなる。そのことまで、感じ取れないのだろうか?

善意が悪意に変えられてしまう瞬間は、心に飼っている鬼が出る瞬間でもある。

人との差、人を分ける教育で「差別」を基準してしまった社会は
無意識に、すぐ、ホントに、すぐ白黒の批難を瞬時にしてしまう。

騒がれている世論は、陰で誘導されたものであることが多い。

あなたの思考が集団無意識の力に突き動かされたものだと気づいたなら

次に取るべき手順は、

集団から一歩引き外から見ている自分を感じて・時間をかけ熟成させた考え=熟慮を重ねてみる

それだけでも見るべき側面が沢山あると気がつくはずだ。

以前、ドラマ「逃げ恥」で石田ゆり子演じるアラフォーの女性が
若い女性に言う、こんなセリフがあった。

老いを進んで買う女はいない。
あなたは随分と若さに価値を置いているようだけれど
「呪いをかけないで」
私が虚しさを感じることがあるとすれば、
あなたと同じように感じている女性がこの国にはたくさんいるということ

今あなたが、価値がない。と言って切り捨てたものは、
この先、あなたが向かっている未来でもあるのよ。

バカにしていたものに自分がなる、、、
それって辛いんじゃないかな。

私たちの周りにはね、沢山の呪いがあるの
あなたが感じているのもその一つ。

自分に呪いをかけないで、
そんな恐ろしい呪いからは さっさと逃げてしまいなさい。

この無知とされる高齢者の件も、沢山の呪いのひとつだろうと思う。

この呪いとは、観念のことである。

あなたの心にこのセリフがストンと入ってくるなら、その感覚を覚えておいて欲しい。

それが、あなたの中庸=バランスした感覚だ。

そのフラットな感覚で常にいられたらグッジョブ!

そのフラットなポイントが ZERO. である^^

未知なるものに、無知が働くことは仕方のないことだとも言える。

一時の考えを一生の考えにすると、心は決して軽くはならない

エネルギーは一瞬たりとも同じ創造現実を創ることはなく、
常に新鮮な現実を一瞬一瞬、紡いでいて

私達はその創造過程を見ているに過ぎない

昨日の自分が今日の自分ではないし、さっきまでの自分はもうココにはいない

それがエネルギーであり、創造現実LIFEの姿である。

考えなんてコロコロ変わるもので、逆にそうでなければオカシイぐらいだ。

人も時も環境も変化する。

将来はAIが人を管理し、管理を任せた側の人がAIのシステムミスで命を落としても

購入者である人が責めを負う時代に 成りうるかもしれない。

その時には今より、自己責任だ何だと、もっと五月蠅い時代になるだろう

高齢者は機械操作についていけなくなり、手を貸す人が必ず必要になる。

そんな時代にも若者はこういうだろう「ボケた年寄りが機械をいじるとロクなことにならない」と

誰もが通る道とはいえ「どら焼き」ではなく科学が関係性の社会問題になるのも時間の問題。

人も時も環境も変化する。

その変化を受け入れられなければ、

AIを壊した老人は、老人テロリストになり
AIを暴走させた老人は、老人通り魔になる

しかし、その手に負えない無知は、老人に限ったことではない。。。

何かに被せた、誰かを犠牲にした、主張では薄っぺらな気がしてならない。

あなたが未来に向かっている過程を客観的に見ることは少ないかもしれないけれど

確実に未来に向かって創造を突き進んでいるのは あなた自身だ。

バカにしていたものに自分がなるなんて、それって辛いんじゃないかな。

頭に留めておくべき一言ではないだろうか?

良し悪しはないけれど、今回は道徳みたいな話になってしまって

歩く公共広告機構みたいになった感が、、、という訳でACからお知らせです。

基本のキ・波動の法則セミナー

日時  3月24日(土)午後7:00~
場所  Spirit laboratory 0.
会費  ¥3,000 感動したらもっと頂戴の投げ銭ライブ

《参加条件》
どんな状況でも私は私を喜ばせたい!と思っている人♪

※ 参加〆切、3月17日(土)まで、ご予約フォームかメールにてお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です