徒然に、ちょっと決めつけ過ぎじゃない?

LIFEは、人の心体の機能を駆使して出来上がった世界です
(そうみえるだけなのですが)

世界や街といった構造的なものだけではなく

人の感覚に訴える 私が感知する世界。

物を見て、音を聞いて、香りを嗅いで、味わって、触れて

外気を感じて、内気を感じて、痛みを感じて、違和感を感じて・・・

私に起きる反応すべてが 創造現実LIFEです。
(反応が湧いている世界がLIFEで、反応しかないともいえます)

 

Matrixは、なにも無い世界。(←実は、これが全て)

比較するものがない、エネルギーの漂いの世界です。

一つとして掴みだせない世界 Matrix は、空気のようなもの

知覚は出来ない。

 

無ければ 私達はなく

有っても、気にもとめず

LIFE の主張すら痛くも痒くもない、大っきい Matrix ^^;

 

 

機械のUFOキャッチャーは

キャッチしたら自分のモノにできて

キャッチしなければ、そこに在るだけ

自分のモノになるか 誰かのモノになるか、

その自由な可能性だけが残る

当たり前の道理

自力でキャッチしたようでも

委ねることでしかゲットできない

目に見えない道理

ゲットできたのはショーケースから出した” 興奮 ”

人の道理

あるのはショーケースにあったものが手元にきた事実

脚色の無い現象の道理

興奮が大事で 事実はあまり重要ではない

脚色することで性(さが)が際立つ LIFE の道理

自力か他力か 所有、権利を主張するかの LIFE

Matrixは、それがそのまんま在る残る処理しない

 

「在る」これが真の「自立」です。

 

さて、認識まみれの言葉を決めつけ過ぎる人々

意味を掴むことで安心を得る LIFE 世界

Matrix は一切の意味を持たない 無味無臭無色透明

掴めないから欲が満たされないので人は喜べない。

人には満たす=喜びの習慣が 基本にあるから

その過程の刺激もまた、生きている喜びと価値観はうずく

Matrix には刺激も喜びの反応もない

その習慣を持たない人にはつまらない^^

でも逆に、すべてに疲れたら休める” 心地よさ ”はあるかも^^;

人は自力で能動的に動いているつもり(=思考は)

キラキラもワクワクも自力で見つけたつもり

でも、受動的であっても他力であっても、

Matrix 側から観れば、起こることが起こっただけ、

~だから良い~だから悪いと思考を無理に可動しなくても

起こることが起きて、起こることだけが選択の余地なく起き

そう感じて目の前のことだけに力を注ぐ

フォーカスしたLIFEを信じて邁進するやり方も人にはある

人生を自力で動かそうとしても動きません

自力で動かせるというエゴの働き つまり、原因と結果のような

力学的な発想で人生を動かそうと思ったら 100% 結果はすり抜けていってしまう

経験するだけ、夢のあとのような経験が残る

残せるものはない egoが掴みたい掴んでいたいとうずくだけ

 

呼吸や思考や感情の揺れを意識的に止められない人。

そこに、気づきが下りますように

人が真から望んでいるものは、胎児のような心地よいあの ” 状態 ” です。

 

でも、こうして話していること自体 LIFE です。

この矛盾にも深い気づきが下りますように

 

感覚で生きることは、ある意味、無責任な気がしてアレルギー反応があるかも

ただ言葉を決めつけ過ぎたら、真実からアッと言う間に離れてしまいます。

LIFE での正誤は、Matrix には関係ありません。

あなたが決めていることでも、それはLIFEの中での関係性だけ

言葉を決めつけ過ぎてガチガチにしませんように

ガチガチにしてしまうと、その価値に自分が火傷します^^

くれぐれも掴まず、遊びを持たせて、決めつけ過ぎませんように。


募集開始しました
刷新「エピソードZERO.セミナー」

本当のあなたは、あなたよりも先に今を知っている^^
視点を180° 変えるので、思考フリーズ。 のち、
人生の使命感と深刻な気持ちが消え去ります。

 

2017年9月23日日中・9月28日夜 1thスタート!


※先着5名様に限り4000円offキャンペーン実施中。
キャンペーン残2枠 お早目に^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です