日本で報道されなかったニュース

Zao_L.Okama気になる話が昨日、舞い込んだのでシェアしておきます。

NHKが、東電の福島第一廃炉推進カンパニー社長:増田尚宏氏に、廃炉作業の見通しについて3/31にインタビューしました。

「東電・廃炉推進トップが語る」

(NHKワールドニュース 2015/3/31)
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/features/201503312108.html
以下、増田氏の回答。

溶融燃料についてはわからない。

形状や強度は不明。

30メータ上方から遠隔操作で取り除く必要があるが、そういった種類の技術は持っておらず、存在しない。

格納容器を水棺にするのが可能かどうかまだわからない。

壊れた格納容器3基にヒビ割れや穴をいくつかを見つけたが、それで全部かどうかわからない。

他にもあれば、瓦礫を取り除く他の方法を見つけなければならない。

 

(NHK) 政府は廃炉作業を2020年に始める意向だが、それについてどれだけ確信があるか?

 

それは非常に大きなチャレンジだ。

正直に言って、私はそれが可能だと言えない。

でも不可能だとも言いたくない。

 

(NHK) 成功させるためには何が一番必要か?

 

言うのは難しいが、おそらく経験だろう。

どのくらいの被爆線量なら許容されるのか…

周辺住民ににはどんな情報が必要なのか…

どうすれば良いか教えてくれる教科書はない。

私は、ステップごとに決定を下さなければならない。

正直に申し上げて、私が正しい決定をするということは約束できない。。

 


そして、9日後の27.04.09、次の記事(NHKブログ)

 

国と東京電力は、物質を通り抜ける性質がある「ミューオン」という素粒子を使い、レントゲン写真のように1号機の原子炉建屋を透視する調査を行った。

その結果、原子炉の中には核燃料が見当たらず、ほとんどが原子炉の底を突き抜け格納容器に落ちた可能性がある。

さらに1号機では、これまでの調査やシミュレーションから溶け落ちた核燃料が、格納容器の壁に触れて穴を開ける、「シェルアタック」が起きた可能性も指摘されている。
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/214010.html


昨日、福島第一原発1号機の格納容器の中に投入されていたロボットが撮影した動画が公開されました。

カメラ停止の鈍臭いと感じさせるニュースでしたが、注目すべきはそこではなく、久々の福島原発のニュースだったことです。この関連性だけで何かが起こっているのかも・・・と考えるなら、それは「メルトアウト」が予測される状況です。。。

恐怖心を煽りたいわけではありませんが、もし現実的に地盤を突き抜けてしまっていたら、人はもう祈るしかない状況になります。

メディアが「何を意図しているのか」は知りませんが、私達はこれらの情報の中から恐怖心ではなく、落ち着いて状況を見極めて行く必要がある時代にいることだけは確かです。


 

【最近の不可解なニュース】

〇 JR東日本と西日本は、共同運行する北陸新幹線の長野-金沢の開業日を2015年3月14日とし、北陸新幹線が開業すると、東京と金沢の間はこれまでより1時間20分早いおよそ2時間半で結ばれることになります。

〇 東京の葛西臨海水族園で、展示として人気の高いロマグロなどの回遊魚が先月以降、原因が分からないまま相次いで大量に死亡。10日、茨城で160頭のイルカが打ち上げられたこともあり、怪奇現象に不安が広がってる

〇 気象庁は、今後、小規模な噴火が起きる可能性があるとして蔵王山に火口周辺警報を発表し、「御釜」と呼ばれる火口湖から2キロから3キロ程度の範囲では噴火に伴う噴石などに警戒するよう呼びかけています。

そして、世界では、ヒラリー氏が出馬表明 米大統領選「女性初」へ再挑戦するニュース

 


 

本格的なメルトアウトで岩盤を突き抜けてしまっていると想定すれば以下の事が起きていて不可解な現象がつながってきます。

 


 

2014.1dayセミナー「日本覚醒」にご参加の皆さまへ

去年お伝えした通りであれば、「ない」ことの意味を推し量りながら、なんらかの操作(ウソ)があると今後の動きに注視していただければと思います。

それは、恐怖を意図(意識)させる為に、レシピと材料を用意し、あとは自分で調理して下さいといった私達の妄想を掻き立て苦い料理を作らせるための壮大でご苦労なクキング番組を仕立てているかもしれないということです。

しかし、現実に起きた311ひとつ取ってみても人工か自然かの憶測はのちの話であり、メディアは本当の事を伝えません、私達はそこからエッセンスだけを取り入れるようにしましょう。

備えあれば憂いなしで恐怖心ではなく災難を小難に小難を無難にと意識してもらえればと思います。

そのうえで予兆と予言は、私達の意識を創ります。

大事な事は、当たるor当たらないだけを答えにしないことです。すでに娯楽として受け入れられている占いの様に、当たる=正確という正誤の固定観念を持っていると、困る状況にも関わらず「正しさ」にフォーカスする本末転倒な思考癖を持った方々が大多数を占めているということに、それぞれが気づいて欲しいのです。

そういった計算式のような一つの答えに一喜一憂したところで、答えを出した後も私達は生命ある限り人生は続くのです。ですから、一つの答えを導き出そうとする思考回路を見直して下さい。

「本当に当たった!当たった」と災難な状況を、まるで喜んでいるように感じられる反応が現代人に浸透しておりますが、これは身体的・意識的な経験を積まず、リアリティのないバーチャル世界で生きることの感覚の欠如からくる落とし穴が潜んでいる気がいたします。

予兆と予言は、情報を踏まえて自分がどう行動するか意図しておくためにあるもの。当たる当たらないの観念で捉えるものはエゴの何ものでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です