日本の歴史は壮大です。

1010

歴史に想いを馳せたり、遺跡を辿ったりするのが好きです。
東北は昔から「文化不毛の地」とあまり喜ばしくない言い方をされておりましたが、そうではありません。

縄文人に文明を与えたとされるのがアラハバキ三神(荒吐三神)で、その姿はというと遮光器土偶として出土されており発見場所は青森を含む北東北です。

遮光器土偶を観察するとまるで宇宙服を着用しゴーグルまでつけているように見えます、日本の土偶独特のものかと言いますとマヤ文明コパンの初代王ヤシュクックモもゴーグルらしきものを付けており共通性があります。

 

maya-thumbnail2

縄文後期の神「アラハバキ神」は一神ではなく、元祖造化三神のルーツと言われています 造化三神とはキリスト教でいうところの「御父と御子と精霊」に例えることが出来ます。

「御父:エロヒム」=「天之御中主神」
「御子:ヤハウェ=イエス・キリスト=「高御産巣日神」=「天照大神」
「聖霊:ルー」=「神産巣日神」

また、アラハバキ神の三神は天神・地神・荒吐神に分けられ、シュメール神話では
天神=アン神(男神、獅子神)
地神(地母神)=キ神(蛇女神)
荒吐神=風神エンリル と置き換えられ
天神の別名はティンギル(天狗)⇒トンカル⇒トカル(東日流)⇒ツガル(津軽)になるのです。

アラハバキ神が降臨した土地は北東北であったことはもとより。 その昔、北東北はニューヨークの様な世界の重要な窓口的な場所だったと私の師も申しておりました。

トンデモ話のその後の歴史について一考を申しますと、卑弥呼は世襲制で一人だけではありません。仙台は山の台→やまのだい→やまたい→邪馬台国といえば卑弥呼。

宮城仙台は古代日高見の地であり卑弥呼(女神)をアマテルに据替、伊勢神宮にお祭りしたのではと考えています。(蛇信仰の卑弥呼が太陽信仰をする?などの日向族vs出雲族の考察は現代の歴史教科書からでは掴めない裏切り、画策、裏工作がのちに計られたと思います)

また、東北は艮の金人(東北の祟り神)封じた地であり、鬼は倭人(日本列島の先住民)を「オニ」と発音したこともまた史実にあり、倭王=スサノオ(神武天皇)であり、いま尚厳重に封じる意味は別の勝者による隠蔽歴史が続いているからです。

さらに歴史を古代にフォーカスすると、私達人間は進化論的に自然発生的な進化を遂げたものではなく、地球生命体と宇宙生命体とのDNA遺伝子操作によって最初から人間として形造られ、遺伝子交配は世界最古の植物「大豆」もそれによって生み出された人間に必要な栄養価の高い古代の食べ物なのです。

しかし、説明のつかないものは「無い」を決め込む学者と真実を隠すことにより利益を得られる者との長い歴史に巻かれた結果、教えられる歴史は時代の勝者による捏造された歴史になり、私達日本人は日本のルーツさえ言える者はいないという現状にあります。

long-head-01

ここ最近、ペルーのアタカマ砂漠で未知の古代文明の遺跡から150体のミイラが発掘されたそうです。(左写真) 過去にもペルーの博物館には頭蓋骨が貯蔵されており、その頭蓋骨は長く有名ですが、この共通性は古代エジプトの壁画にも見られます。o0500033412804953617

 

 

 

 

2014年4月に、世界銀行元上級職員カレン・ヒューズさんが「地球のお金と宗教をコントロールする”人類ではない種族”がいる」ことを語っています。
その中で この世界をコントロールしているネットワークの背後にあるグルーブの中のひとつのグループは、ヒト科ではあるが、人類ではない者たちによるグループです。 彼らは長い頭蓋骨を持っています。彼らは人類の女性との交配でも子孫を作ることができますが、繁殖力は強くありません。と語っています。

t02200330_0500075112337923791

私達の頭蓋骨が今の様になるまでには時代を経て今の様な形になったのは、昔ながらの正統な血筋層と平民との差とも言い変えることができるかもしれませんし、歴史に、また風習にその名残があるのもまた事実です。

 pope

 

 

 

 

 

 

現在、縄文時代のアラハバキ神がもたらした1万年続いた文明は未発達の文明とされ、宗教によってキリスト誕生を紀元前紀元後と定め(キリストが悪いのではありません)、利権を欲しいままに世界の秩序を統一するため様々な捏造を重ねてきた勢力がある一方、いつの時代も権力抗争により文明を崩壊にまで結びつける人々の愚かさは否めません。

本来、私達が知らなければならないのはその愚かな歴史を繰り返すことなく、日本のルーツが世界発であり様々な遺伝子を組み合わせ新化したハイブリットな人間が日本人であり、歴史やDNAに受け継がれる叡智に気づいた方から多種多様な分野で自己表現していくべきなのではないだろうかと最近の世界情勢を観て、日本人のDNAの自覚を目覚めを歴史を通して想うばかりです。

 

 ■スピリチャルセミナー「ベースZERO」についてはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です