明けました!おめでとうございます。

lgf01b201310301700

2016年の幕開け、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

秋田のお正月は穏やかな日が続き、雪もなく除雪作業もないゆったりとした時間を過ごしましたが、今日からまたチラホラと雪が舞っております。

恒例で秋田物部で有名な唐松神社へ詣でて参りましたが、本殿はもちろん末社摂社すべてにお神酒を上げご挨拶させていただき、運試しにおみくじを引いたところ、「大吉」が出ました(嬉)

何事も「案ずるより産むが易し」今年も勇気ひとつで笑ってチャレンジして参りたいと思います。

さて、2016年は激動の年になると昨年末綴りましたが、この天候ひとつみても感じるものがあります、暖冬で喜んでいいものかどうか?

日本の四季の巡りは地球・ガイアのメグリでもありますし、順調な宇宙のメグリでもあります。

そのリズムが乱れている。ここ数年「異常」が天候の慣用句になっている気象庁の発表と人々の慣れ・・・

どこかで雨水が足りなければ、どこかが洪水に見舞われる極端な巡りは、世界の国というボーダーで観るのではなく、地球全体として観るべき動向だと感じます。

地球=ガイア(女性性)生み(膿)出しと、地球=テラ(男性性)の崩壊・死が加速度を増して新しい世界に進もうというのなら、地球全体に浄化が起こっている、いわゆる風邪の症状の真っ只中にあり治るまでは、地上に暮らす者達が抜本的に打つ手はなく、出来ることと言えば「見守り、祈り、地球を癒す」ことしかない様な気がするのです。

日本人のDNAの中には他の民にはない「祈る」精神が強く残っていますし、自然が人を癒すことがあっても人が自然を癒すことはないと「なんとなく」想っている方々がいらっしゃるなら、根本から私達にも癒しの力があることを再認識してもらいたいと感じます。

目に見えるものに価値を置いてきた社会において、感じる力はこれから益々必要になってくる一人ひとりの課題でもあります、日本はもう一度「信じる=祈りのDNA」を発動し日本人全体が振動=共鳴することによって底上げする必要があるように感じます。

私も思い返せば昨年は、これまでの総括をされた感があり、やっと意識のシフトがひと段落ついたようで、お正月中にTVで観た、ネガ感情コントロールする映画・TVドラマにお笑いにさえエネルギーが落ちる感覚、それとは逆に人肌の触れ合いが以前にも増して暖かい感覚に、心身共に波動も整いつつあると背筋が伸びます。

今年は皆さまにとっても現実や意識に否応なしに変化のある年です、しかし、これも自分の芯をしっかり持つことで表にも裏目にも現象を捉えられる感覚を認識できることを知るチャンスです。

宇宙はその一人ひとりの知的好奇心からくる情報の変換空間でもあります。

目先にあるものの、奥行きや深部について多角的に考え直してみることをオススメいたしますし、宇宙はその気づきを望んでいます。

なにも問題を解決しなくてはと信念にしなくていいのです、疑問を持てば答えはもう出ているのですから。

その先に、究極「問題などない。」と気づくでしょうから!

良い悪いの感覚を疑ってかかることが世界で今年は起きます。が、それも新たな社会の生み出しの一部です、恐れず楽しんで参りましょうね。

人間の感情メカニズムについては随分お話ししてきた感があるので、今年は宇宙についてもお話しして行きたいと感じております。

なにせ昨年の後半からメッセージが宇宙、天の川銀河、アンドロメダ銀河、ブラックホール、宇宙線、コズミック~・・・。と、引っ切り無しに来るもので、きっとそちらの知識も勉強もさせられる気がしております。

そちらも随時、1dayセミナーなどでシェアしていければと思っておりますのでお楽しみに♪

今年も、楽しむ心を=JOYを皆様にお伝えして行ければと思います、どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です