時間はないんですか? ありませんよ。

「過去に囚われていて、
あの過去を消してしまいたい。

という気持ちになってネガティブになってしまいます」

というお話を聞きました。

「今をありのまま見てね。」と、よくお話するのですが

私自身も時間の観念を自分で見直したことによって
ZERO.ヴィジョンが見えて来たからなのです。

あることは在る。ないことは無い。

それだけが事実で、それがすべてです^^

時間はありますがそれにくっついている観念は
人の思考を通さなければ表れません
だから世界は人の数だけ無数にあるのです。

在るようでいて無い、無いようでいて在る。

時間は名称で、それ単体が飛躍する何かを
持っている性質のものではありません。

過去も名称で、それが何かを引き起こすものではありません。

ですが人は思考で方程式を弾き出すのが得意なエネルギー
ピッといったらパッみたいに、瞬時に^^;
頭の中で感情を文字に起こす自動翻訳機みたいな感じですね^^

人々はそれを瞬時にそれぞれのイメージにして観念を所有したがります
ですから、人の数だけ世界はあるのです。

個人セッションやセミナーでベースとなるものをイメージして頂くと

ZERO.ヴィジョンをゼリーに例えます

果てしない宇宙をゼリーにして
地球、時間、人、社会、自然、言葉、観念などの
価値すべてがゼリーの中のフルーツです

でも、人がそれを説明するときは、
総じて「ゼリー」と言いますね
私はそのヴィジョンをZERO.ヴィジョンと呼んでいるに過ぎません

フルーツは個体ですが、エネルギーは波動ですから
フルーツゼリーのように閉じ込めておくことは出来ません
だから人は掴まえられる何かを求めるわけです

過去を捕まえ、未来を捕まえ、パートナーを捕まえ
天職を捕まえ、お金を捕まえ、健康を捕まえ
私のポジションとコンディションが揃えば
自身の存在価値に安定できるからです

でも、コンディションは安定しますが
人の持つ知力は満たされません

また、安定は不安定の対極にあるので
不安の耐性がなくパニックになることもあります

過去も過去と言う言葉があるだけ
そこにくっついている
感情は過去とは別物ですし
感覚も過去とは別物です。

時間というものもフルーツで
ただあるだけ
時間というフルーツと五感は全く別物です

時間は時間、感情は感情、五感は五感
別物で
それらは
永遠にすべてで、
永遠に今です。

ですから過去はない、もちろん未来も^^

時を集約して時間にして、私の過去や私の未来と
所有したがるのは人間だけです。

人は時を大小の事件=エピソードにしたがり
マーキングをして記憶に留めておきたいエネルギーです

ただそれだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

大人になると
ハッピーなことはすぐ忘れてしまうのに
アンハッピーなことはずっと留めて置けるのです

子供の逆ですね^^

まるで時計の文字盤の中にハメ込まれているように
その時をずっと噛みしめ
情動に囚われて出口を見失ったように

小さな場所に留められるような感じです。

問題ははじめっから存在しません。

過去に恥じるあなたの意味づけに
問題があるように感じているだけ

感じているのはあなただけ
他人がそれを問題にするかどうか

そこを見つめれば過去を忘却の彼方へ
追いやることも出来ると分かってくるのではないでしょうか?

過去の出来事、未来への不安から
今の呪縛を解いて自由になりたいと思ったら
是非、Spirit Laboratory0.
イチオシの個人セッションにお越し下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です