漫画はチャネリングセンスも関係あり?

日本は漫画発祥の地です。(※諸説ありますが)

日本の元祖は900年前の平安時代後期にあたる「鳥獣人物戯画」が有名ですね。

学生の頃は読んだ漫画も、今はめったに手に取らなくなりましたが、先日、ある雑貨屋さんに大人向けの漫画が選びやすく置いてあり、店長の感想も添えられていて、内容が面白そうだったので試しに1冊買ってみました。

61KCG9tJR2L._SX346_BO1,204,203,200_

買ってみたのは、山下和美さんの「不思議な少年」です。

まだ、1巻しか読んではいませんが人間の浅ましさ、愚かさ、図太さ、軽率さの闇と、そして愚直な優しさが、息をのむ描写で描かれており、題名になっている「不思議な少年」は時代や国境を越えて出没する・・・天の遣いの様な設定で神出鬼没なキャラクターであり、1話ごとのオムニバスになっています。

人生は一度きり、いろんなことを経験してみたいと思っても身体はひとつですから、波瀾万丈な人生を歩む度胸も今一つと思ってい方々には、漫画や小説や映画は様々な感情共鳴を体感させてくれるツールですね。

 

ちょっとドロドロ系はドラマだと長ったらしくて見ていられないと思っていらっしゃる方には、漫画だと調度いい塩梅だと思います。

よろしければ、秋の読書に漫画など、たまには違っていいかもしれません。

漫画ついでに、昔読んだ漫画に「イティハーサ」という少女漫画があります。

51KHVFWTEBLこの漫画もフィクションの様で、実は奥深い内容のものだったので太古の日本に興味がある方にはオススメ致します。(※かといって感動のツボは人それぞれなので苦情は受け付けませんが(^_^;))

物語終盤に、今の富士山よりも高い山が東北の方にあったという物語のくだりがあります、その名も「永久(とわ)山」。

ピンと来た方もおいでではないでしょうか? 十和田湖が位置する場所には縄文時代にその設定そっくりな火山がありました。

地質研究者が調べたところ、その昔の地層にはやはり火山灰が広い範囲で確認されており、噴火と共に山が崩れ、のちに十和田湖が出来たそうで、その爆発規模はかなり大きかった事が分かっています。

東北が手つかずになっている理由など裏の歴史が分かれば、古代ロマンを求めるものには歴史の発見・発掘し甲斐のある魅力的な土地であることは間違いなく、田沢湖にもピラミッドが、十和田湖にもピラミッドがあり、縄文時代の風景は手つかずの自然で今もカモフラージュされている土地柄でもあるのです。

今でこそ私の住む東北は「文化不毛の地」などとと言われるような存在になってしまっていますが、不名誉な称号を与えられた東北に対して、昔から様々な想いが私のなかに巡っており、その一つは「なぜ、この秋田に私は生まれたのだろう」という疑問です。

それが表の歴史舞台、そして裏の歴史、また精神・霊性の成長を図る時間の中で少しずつではありますが、それらを紐解いていくと、不思議なことに自分のルーツも観えてくることもあり、その経過の中で、魂の解放とでも言うような安堵を味わえることに繋がってくると、なにごとにも興味は持つものだと感じずにはいられません。

すべては、ここに集約されているような時を今迎えている、そんな面持ちで、意識の方向がインサイドになればなるほど解放を味わう感覚がここのところ特にあるのです。

一年の半分は雪に閉ざされる北東北(青森、秋田、岩手)は、それこそ縄文時代には現在のニューヨークと変わらない日本の貿易中心都市だったのです、信じられますか?

この事を知ってか知らずか、いつも漫画家にみるチャネリングのセンスはすごいものがあると感じさせられます。

何かを創造する能力は誰にでも備わっているものですが、生み出す能力は無いと思っている人達には羨ましい才能でも、ひとりひとりの想像の翼を折ることさえしなければ、言い換えれば、表現の自由を自由のままにしておけば、誰もがアーティスティックな表現で自分の可能性を信じることが出来ると思うのです。

漫画を読まなくなった大人もたまには、子供のころを思い出して漫画に読みふけってみると面白いかもしれません。

51hhdtZXdSL
キリストとブッタのストーリーを知っていらっしゃる方なら、こちらが笑えます。

感想文は、コメント欄にお寄せ下さい(爆)

 

 

 


ZERO・スピリチャルセミナーの御案内

無題

10月25日(日)からZERO・スピリチャルセミナーが始まります。
詳しくはこちらからご覧ください。

※個人セミナーも随時承っております、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です