自然の「理」を受け入れると無理が遠ざかる

lgf01a201405231500中庸・バランスについて理解が降りて来ました。

人はピンチの中にチャンスを見出すものですが、人生はゲームだという感性でいれば、ピンチにも臆するところなく前を向いて生きることに尽きると感じます。

そして、私もスピリチャルライフを実践中の生身の人間です、納得する体験をするときは理解が出来るというより、理解が降りるという感覚になること、そして、その感覚のあとには、無意識にでもなぜか知っていた様な「そうだった!」という、妙な気持ちになります。

飽きることなく何度も無くして初めて分かる人肌の体験の中にチャンスを見出せるかどうか?それで同じ繰り返しをするかどうか?物理世界の経験はそれに尽きます。

そう考えると、これまで沢山のものを見落としてきた気がして反省しきりなのですが、そうなって初めて、自身が所有していたものは「私のものでは無かった」ということが理解できました。

愚痴で人や出来事のせいにしてしまいがちな日常会話で気づけないことは、言葉も出ないショックを伴った形でピンチが巡ってきがちですが、そういったいわゆる災いの「種」も、元々、自身がZERO空間に種を撒き、発芽させ、この現象世界に花を咲かせたチャンスであり、気づきという実を取るかどうかのギフトです。

ですから、撒いた種は刈り取らなければリセットできず、実を取り、肥沃な大地になるかどうかは種を撒く者に委ねられている。それだけなのです。 地球や先人は現象世界の理(コダワリ)を、昔から、最も分かりやすく優しい自然のメグリで教えてくれていました。

「所有」という概念は、やはり、人間意識独特のものであったとしか言いようがないわけです。

例えば、失恋すると世界の色が褪せると言いますが、いわゆる喪失感というものは魂の原点回帰現象を引き起こすキッカケになります。 私と向き合い、互いを認め合うことが一緒に居るだけなのに難しい。 平和な戦後では、相手を通して自己の原点回帰現象を起こす身近な方法が恋愛や結婚でした。

でも、人は現象世界にあるあらゆるツールを通して原点回帰できます。「お金は紙切れでありエネルギーです」と申し上げたとおり、お金もツールでしかありません。 私達は豊かさを「お金」と繋ぎ合わせることで富・権力・名声などを得られると勘違いしてきました。

豊かさというのは残高の動きで決められるものではなく、現象界における人の豊かさとは心配のない安心した暮らしに尽きるものです。それには人の叡智を現象化した物質がお金よりも必要なはずなのです。 つまり、水であったり、食べものであったり、電気であったり、普段、習慣となっていてあまり意識が向かないライフライン的なものの方が、生命の安心の基本になるわけです。

それは117や311を経験した方々や災害を経験した方がより身に染みてお分かりになるかと思います。

ライフラインが止まって「紙幣があって良かった」と思うより、人の温もり(エネルギー)によって、生きる栄養を補給した方々が体多数なのはそういう事ではないでしょうか。 そして、そこからお分かり頂ける通り、人やモノは無関心な隣人や無機質なモノではなく、ほとんどが温もりあるエネルギーです。

ですから、この世に溢れている物質すべては人肌(天意)を通し創られたエネルギーのカタマリであり、そのエネルギーを分かち合っている私達です。 私が所有しているもの、あなたが所有しているもの、という持ち物という固定観念も、天意の観点からみると「井の中の蛙大海を知らず」という諺(ことわざ)通りの古い観念です。

そのエネルギーは自然の理のもとに巡ることを諭してくれますし、人間の思考によるコダワリは無駄な理=無理があるのかもしれないと思いました。

何でもやらせて頂く、ALL OK!JOY!が「理」であり、その流れに争わずに添っていれば自然な中庸のバランスが保たれる。そして、理を知ることが「理知」なのだと腑に落とし感じ入った今朝でした。


ZERO・スピリチャルセミナー 3月開催予定 予約受付開始。

3月から待望の新しいセミナーがスタートします!
「ZERO・スピリチャルセミナー」
「ベースZERO」では意識の構造と現象世界のシステム、その現象世界の私達の身体につていて全4回でセミナーを致しました。

今回の「ZERO・スピリチャルセミナー」はより、その上をいく現実創造世界=ZEROの構造を広く知って頂くことで、私達の嗜好と感情の正しいバランスの有り方について実践的に学んで、現実現象世界のシンクロを加速させる実践的なセミナーを敢行いたします。
初めての方も大丈夫です、この機会に「本質」に触れご自分の可能性が詰まっているコズミック・ゲートを開くチャンスです。

fujicoが実践して腑に落としたことを余すところなくお伝えするZERO・スピリチャルセミナーにご期待下さい。

 

お問合せ・お申込みを受け付けております。 詳細は今後のコラムorメルマガで配信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です