2017年の動き

kitadake-1352353_640

遅ればせながら 皆様

2017年 明けましておめでとうございます。

本年もnapierを どうぞ ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

さて、写しろの現実世界の今年はどういう年かと申しますと・・・

昨年末、「表裏が露わになってますます混沌とする」と申し上げた通り

今まで意図的に隠してきたこと、隠し果せてきたことが表に出る年になります

そう思うと私の悪い部分が曝されるように感じられて急にソワソワする気も致しますが

それはそれ、別の視点で観ればこれまで自分の中にあったブロックが外れて新しい発見があるかもしれません

我慢していて出来ずにいたことが、我慢の蓋を中から押し上げて息苦しさから解放されることもあるかもしれませんし

それまで忍耐ばかりを強いてきた自分が急に馬鹿馬鹿しくなって「ど~でもよくなる」こともあるかもしれません

新しい才能に目覚めるかもしれませんし、何かに突き動かされてガラッとイメージチェンジするかもしれません

この世界は陰と陽が一体となった「写しろの世界」なのですから、自分には良いことのようであっても人にとってははた迷惑に作用することもある ”いと可笑しき世界”

物事の捉え方は「柔軟性とバランス」が2017年の羽ばたくか否かのカギになるという感じです。

固定観念に気付かずに「自分」を決めてかかっていると、生きづらくなるのが今年だと感じます。

今年、自分の生き方を見つめてリセットを計りたい人が沢山出てくる、そんな事件、出来事が起こりやすいとも言えます

しかし、人生にはそんな節目が何度かあるもの、今そのままにしても、焦って見直さなければならないこともなし、いずれ無意識に横に置いたプレゼントは、何かの拍子に頭に浮かぶことでしょうから

起こることが起き、起こらないことは起きえず。
取り組んでもいいし、取り組まなくてもいい。
迷いの最中であっても生きる充実感は感じられ、迷いのない時であっても安定を退屈ととれば退屈。
それらはすべて現われては消え、消えずに気づきになれば肉体の実感にしたくて求めるのが人

それらは、無条件の愛ですべて許されているからこそ ”いと可笑しき世界” があるのです。

心に変化を感じたらそれがサインだということを思考で否定しないで「ありのまま=真我」のご自分と向き合う時間を作ってあげてくださいね^^

毎年この時期に受けるご質問に、占いで2017年の運勢が最悪だったのですが。と凹んでしまわれる方がおいでです。

ですが、落ち込む必要はありません^^

占いの結果は、一人一人のエネルギーの揺れ幅=バロメーターとは違いますし、手相や生年月日で出る占いはあくまで統計、エネルギーの現われとは全く違っています。

非凡である大リーガーのイチローのバロメーターの揺れ幅が凡人と同じではないように、私や貴方のバロメーターも同じではありません。

気に留めておく必要があるものは、それとして、結果に落ち込むぐらいなら、こう考えてみてください

今今今の瞬時に沸き起こるIdeaが、目にした占いとフィットした時「あぁ、やっぱりか・・・」と新しいIdeaを生み出す、占いの結果は個人フィーリングで決まり、人はイメージで現実さえ造り変える力を持っている錬金術師なのだと^^

それよりも、必要以上に落ち込む傾向がある方に見直して頂きたいのは「ポジティブ信仰」を無意識に採用しているご自分の思考癖を認識することかもしれません。

良いことが許されるなら、悪しきこともまた、あるがまま許されています。

善悪を決めているのは世間ではなく貴方の意識だということ、この世は ”いと可笑しき世界” 。

いつ、ひょうたんからコマが出てくるか、誰にも分からないからこそ面白いのではありませんか^^?

エネルギーは軽やかであればあるほど気に病まなくなるものです。

簡単に言うと、エネルギーを軽くするには、くよくよしない♪ それに尽きるでしょうか^^

誤解を恐れずに言うなら、真面目に生きない、深刻にならない。^^

結果に振り回されず、くよくよしない生き方、エネルギー=元気を軽やかに楽に構えましょう! 起こることが起き、起こらないことは起きえず、目の前にある世界がパーフェクトです 2017年も駆け抜けて参りましょう。

重くなりがちな意識や、軽くなれるセッションやセミナーをお望みの方、ぜひnapierへおいでください新しい出会いを心よりお待ちしております^^♪

 

本年もどうぞnapierをよろしくお願い致します。


● 2017 年初め、心を軽くセッションのご予約承っております。

3PR_r4_c2

スピリチャル・カウンセリング お申込みはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です