奇跡でDNAにスイッチを入れる簡単な方法

お金も愛もニュートラルマインドで自由自在
軽やかに人生を更新して生きよう!

現実LIFEナビゲーターのFUJIKO.です。

 

先日、青森に行ってきました。
そして、青森といえば縄文時代のロマンが詰まった!

 

「山内丸山遺跡」行ってきました^^!

 

 

ドキドキして近づいていくと、その大きさにまんまとヤラレタ!!!!

 

右下が私ですからその大きさが伝わりますよね^^;

 

樹木の高さ太さ大きさといったら現代にはないスケールです。

*******************

青森・三内丸山遺跡

青森市郊外の三内(さんない)丸山遺跡は
1992年に広範囲の発掘調査がおこなわれ、
長期にわたる大規模なムラの存在が確認されました。

なかでも注目を浴びたのは
直径約1mもある6本の大型掘立柱の遺構です。

これについては物見櫓(やぐら)説、
神殿説などがありますが、
暦研究からすると天測説が興味をひきます。

小林達雄氏によると、
3本ずつ向き合う柱は南側が冬至の日没方向
北側が夏至の日昇方向を指し示しているといいます。

また太陽がもっとも高くのぼる南中(真昼)のとき、
木柱の影は真北に落ちますが、
それが北側の柱間の真ん中にくるよう
設定されていたと推測しています。
( こよみの学校より引用 )

******************

この「柱」という概念が、古代世界のあちこちで
いかに重要視(あるいは神聖視)されてきたのか、
これ、結構ポイントなんです。

 

「柱」の象徴とされる心御柱(しんのみはしら)は、
今も伊勢神宮の本殿の下で密かに祭られているのですが

 

縄文時代を代表する三内丸山遺跡では、
6本の巨大な柱を立てて

 

西方のはるか彼方の山に沈む太陽を拝し、
さらに柱を天と地を結ぶ架け橋としたことが推測されていて
古来神格の名数として柱が用いられていることが分かっています。

 

伊勢神宮と同じく
「心御柱」と呼ばれる巨大な柱があった
古代の出雲大社は48mもあり、

 

この48という数字も何やら意味があるわけです。
AKBとかね^^…この話はまた別の機会に^^

 

で48mは、今の15階建てのビルに匹敵する
非常に高い木造建築物だったといいます。

 

 

この柱遺跡が2001年ごろの発掘で出土したのがこちら

 

 

人がピースのような比較級ですが、
一本の樹木の大きさから巨大さが分かりますよね^^

 

縄文時代は現代の感覚では計り知れない叡智をもった
環境だったことは自然のスケールでも理解できます。

 

日本の民俗宗教では、柱は神霊の「依り代」で
神格の名数を柱とする根拠となっているわけですから

 

現代でも神社で御神木が祭られているのは
こういった理由があるからなんですね

 

 

で、、、何を言いたいのか、というと

 

 

縄文時代を色濃く残した山内丸山遺跡とその樹木は

 

 

やっぱり、軌跡=奇跡ということです。^^

 

奇跡に触れると私たちの軌跡=DNAにもスイッチが入ります。

 

どうなるか?自分の体の反応をよく観察してみて下さい

 

静かなところで・・・

 

すると、シ~ン、シ~ン・・・といった
体というか細胞のうずきみたいなものがあります

 

そんな微弱な細胞の反応と心のうずきの感覚を信じてみて下さい

 

「信じてみて下さい。」よ、気のせいにせず^^
そこDNAスイッチを入れるポイントです!

 

スピリチャルな感覚になることは難しいことではありません。
身をもって言えることは、シンプルになるほうが的確ってことです^^

 

太古の足跡に触れることは、ロマンでありDNAを目覚めさせます
だから、止めらない^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です