Pure Awareness 純粋な気づき 1

lgf01a201402231700フジコラムでお伝えした「みもふたもないですが・・・

どのくらいの方がご覧になって下さったのかは分かりませんが、反響が大きく、驚くと同時に、レスポンスありがとうございます。

私の今ある感覚でお話したので、感覚を言葉にすると、どうも・・・元も子もない話にしかなりません^^;

けれど、多くの方々から もうファンタジー・スピリチャルには飽き飽きしたというご感想を頂きました。


あなたはこういう星のもとに生まれており、こういう未来が待っています。 そして、あなたが今問題にしていることは次期に解決します、それには、この先こんな人が現われてサポートしてくれるでしょう。

「マジに!(喜)」そうですよね、分かります。私も100%間違いない方がいらっしゃると聞けば興味が湧きます!^^

しかし、スピリチャル・ライフを実践している方は、問題への答えと対処を人任せにしていては、ずっと不安が続くことを御理解していらっしゃいます。(※答えと対処が悪いといっているのではありません)

そして、楽や満足や安らぎは心で感じるもの、その心を乱されると感情が悪さをしてトラブルを生むことを知っています。

ですから問題ばかりを見て誰かに解決してもらえるようにしても、ご自分の問題を作りだした心を見ずにいては、新たな問題に次々ぶつかってしまい不安は解消されませんし、その度に誰かに答えを委ねたくなるでしょう。(それはご本人の選択ですから尊重します^^)

lgf01a201306281300でも、人は飽きる動物です、良いことばかりしても飽きる、悪いことばかりしても飽きる。

そうなんです、ここで良いお知らせが!

飽きる先に、諦める先に、わからな~いと投げた先に、スピリチャルの神髄があるのです!

実は、私達は惑わされ 誤ったことを教えられてきました。

宗教や道徳の教えでいうところの 良きこと、正しきこと、羞恥心を持つこと、謙虚であること

”どこに誤りが?”と感じるでしょうし、それらの反意語は穢れている気がしてあなたの良心を刺激するかもしれません。

しかし、社会全体を惑わせている正体はそれらの「教え」にあります。

例えば、癒しの仕事にも、巷に当然のように広まっている誤解があります。

心で心を癒すことが出来ると思わされていること、また、それが当たり前だと信じ込んでしまっていること。

一度でも打ちひしがれたことがある方々はお分かりだと思います。

心が傷つき壊れてしまっている状態に、善きこと、正しきこと、身の程の恥を知り、謙虚であることを美徳とする文化と空気感は、一層、心の傷に追い打ちをかけるだけなのです

 


すでに、文化、生活に溶け込んでしまっているこれらの「美徳」

私たちの人生のあらゆるところに染み込んで、徳を積むことを教えられてきた日本の5人に1人は鬱を経験する時代になりました。

そこで生き方に迷った心身の緊張をほぐす「癒し」の登場です。

「癒し」はあれもこれもと結構雑多に扱われているカテゴリーになりましたので、自己啓発、占星術、タロット、霊視、カウンセリング、エネルギーヒーリング、パワーストーン、カラーセラピー、アロマテラピー、ヨガ・・・etc ざっと大まかに話してもこれだけあり、その要素は主宰する人達でまた多岐にわたります。

napierは、「 話して楽になる。」一過性の楽で一喜一憂するのではなく、人生を通して楽しむことを「JOY」をテーマにしています、つまり楽に生きる、軽く生きる、を私たちの始まり生命根源にポイントを置いた探究をベースにしています。

ヒーリングも、その視点から有効だと思われるものを厳選して提供しています。

「これといった悩みはないのですが、スピリチャルに興味があって。」とお悩みのないような方にも、人としての安らぎの探究があります。
( いつでもいらしてください^^ どんな場合でもnapierとあなたの出会いはパーフェクトなタイミングです )

そして、運上げのファンタジー・スピリチャルを好む方と、スピリチャル・ライフを好む方に違いがあるとすれば、喜びのベクトルに違いがあるだけです。

「私の人生をより良くしたい。」 私もそうです^^

そう望むのであれば、”私の心が造りだす問題に、私が惑わされない” その視点がベースに必要です。

ファンタジー・スピリチャルはそこを省略している場合が多いので、与えられるまま一喜一憂になり易く、継続的な安らぎを増していくことが難しいです。

スピリチャル・ライフを実践していても、問題意識が騒ぎ出すことはままあります

そんな時は、心が生み出す感情、偏見、偏った理屈、あらゆる思考、言葉、誤った情報や行動、時には影響力ある人からも遠ざかるようにします。

「何か教わる」ことは無いのです ですから ジッと心を味わいます。すると思考が騒いでいることに気づくでしょう。

たいていの場合 心を揺さぶり、思考が激しく回転し、感情が暴れるので「私どうしちゃったの?」と私を主張・強調しだします。

そうなると、”out of 眼中” 周りの声は届きづらくなり、世界観もヘッタクレもなく、いい大人が自我モロ出しで聞き分けられなくなるのです・・・

スピリチャルにアレルギー反応がある方の特徴は、自分には関係ないと、自己主張することがほとんどです。

自身の心がもたらす感情を処理できず、時間が解決するからと状況に我慢を重ねることなど、だいたいの大人は経験してきました。

Girls___Beautyful_Girls_The_girl_at_the_cafe_table_053474_29失敗や孤独は、全体と個を分け、力不足=自分への不満を募らせて、自分自身にすら懐疑的にします。

そんな 心に傷を抱え、他力本願で大人社会に溶け込んでいる人々の、その心で心を癒すこと自体、狂気の沙汰だと感じることも・・・しばしば。

そういう心の社会は 走って喉が渇いている人に、水も差しださず、もう一周してこい。と言います。 個人の恐怖は主張するのに、社会全体を隠れ蓑にすると恐怖を薄めてくれると勘違いしだす不感症構造です。

人として、子供達より遥かに劣ってしまうのが 今の大人社会です。

 

Pure Awareness 純粋な気づき 2 へ続く

napierのカウンセリング、セミナーにご興味がおありの方はこちらから 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です